アールヌボー建築巡り

1900年を境に10年間程一時的にブームとなった「アールヌボー建築」。 ベルギー経済発展と共にブリュッセル市の都市計画に沿って郊外が住宅地化され、街の中心には近代的な建築物が立てられました。 自由な発想に基ずく曲線や壁画などブリュッセル市内には今もなお多くのアールヌボー様式の建築が残ります。 特にアールヌボー建築が集中して残る「ビクトル・オルタ邸(オルタ美術館)」とその周辺をご案内します。

日程案
14:00 ブリュッセル ベルギー国鉄中央駅 チケット売り場前 集合 出発
  公共交通機関 徒歩
14:30 「ビクトル・オルタ邸(オルタ美術館)」入場
15:30 周辺地区のアールヌボー建築 散策
  ソルベ邸、タッセル邸等 外観
17:00 ブリュッセル ベルギー国鉄中央駅にて終了

 

お勧め
一般住宅、オフィースとして現在も利用されているアールヌボー建築は多くの建築物が一般公開をしていませんが、公開している建物の中でも代表的な建物が「ビクトル・オルタ邸」です。 建築家の邸宅/アトリエとして設計されたデザインは、内装の曲線美、ユニークな家具調度品など建築家の思想が十分に発揮されています。
その周辺はほぼ同時期に開発されてた住宅街で、当時のアールヌボー建築の雰囲気を残した住宅がたくさん残っています。 ご案内では、それらも含めアールヌボー建築を堪能いただきます。
料金
料金、催行日のお問い合わせは下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。
お問い合わせ